開館情報

開 館 情 報

開館情報

過去のイベント情報

特別展「地下鉄利用の変遷展~乗りやすい わかりやすいを 時代とともに~」

特別展「地下鉄利用の変遷展~乗りやすい わかりやすいを 時代とともに~」 特別展「地下鉄利用の変遷展~乗りやすい わかりやすいを 時代とともに~」パンフレット

日本で最初の地下鉄は、昭和2年(1927年)12月、上野~浅草間2.2kmに開通した東京地下鉄道株式会社の路線(現在の銀座線)でした。
運賃は、切符の購入ではなくターンスタイルによる自動改札機に直接10銭白銅貨を投入する方法で、均一料金の現金払いでした。


その後、乗車券や定期券などが登場し、戦後の地下鉄建設・開業に伴い、複雑な運賃体系がとられるようになりました。また、駅の安全性や使いやすさを高めるために様々な施設や設備が導入され、郊外の路線との相互直通運転によって利用者の利便性は大きく変化しました。


この特別展では、日本で最初の地下鉄が開通してから今日に至るまで地下鉄の乗車券の移り変わり、乗車方法の変遷などを営団地下鉄(現在の東京メトロ)を例としてパネル等により紹介いたします。

 

期間 平成25年6月18日(火)~8月4日(日)
場所 企画展示コーナー
時間 10:00~17:00(最終入館16:30)
料金 無料(ただし博物館への入館料は必要 大人210円、こども100円(満4歳以上中学生まで))
アクセス 東京メトロ東西線 葛西駅下車 葛西駅高架下